他の種類の葬儀と比べて家族葬が優れている理由

葬儀と告別式の日程の問題

故人がなくなるとその故人を偲ぶために葬儀告別式が開催されます。
この場合、葬儀告別式は通常故人が亡くなってから二日後に行われます。
そして、故人の死亡時期は予め明確に予想することは難しく、また親族側で調整することは許されません。
そのため、葬儀告別式に参列者を招待するにあたっては、その参列者の数をいかほどにするかということが問題となります。

通常の葬儀は時間と費用の把握と管理が難しい

特に、葬儀告別式の日程が平日の場合で参列者の多くが未だに現役で働いておられる方が多い場合、仕事の関係で参列できないという人間がかなり多くいることが予想され、実際に招待しても来られず、空席が生じることになりかねません。
このような空席が生じると、故人を偲ぶという葬儀告別式本来の目的が損なわれるおそれがあります。
また、欠席者が生じることによって本来見込まれていた香典の価格に足りず赤字の金額が拡大する恐れがあります。
そして、葬儀告別式はその式を行うための費用は一般的に非常に高く、また一般的に行われている式の工程をとる限り通常かかる費用を抑えることは難しいです。
そのため、本来見込まれていた収益が得られないということになれば、祭祀を取り仕切る遺族に対して過度の負担を与える可能性があります。

家族葬はこのようなニーズに応えるお葬式です

そのため、このようなリスクを回避するための方法として、葬儀告別式の方法自体を変更することが効果的です。
具体的には、故人の関係者をすべて集めて行う葬儀告別式の方法ではなく、参列者を親族のみに限定して比較的小規模で式を執り行う家族葬の方法で行うことが挙げられます。
参列者の対象を親族のみに限定することによって参列者から得られる収益について、予想した金額と実際に得られた金額との差を最小限に抑えることができます。

Copyright© 2017 ロトロ家族葬儀サービス All Rights Reserved.