家族葬のルールと具体的な進行方法

家族葬をご希望の方へ

家族葬とは、家族など近親者のみで執り行う葬儀のことで、特に近年増えてきている葬儀形態の一つです。
通常の弔問客のいる葬儀と同様に、お通夜や告別式といったものを行いますが、極めて近しい人のみでお見送りします。
」宗教的には、どの宗派でも問題なく、仰々しさのないし葬儀ということで、核家族の増えた現代のニーズにマッチしていると言えます。
また、葬儀にかかる費用も安価に抑えることができるため、なにかと物入りになる時期に助かることは間違いありません。

ゆっくりおくりだすなら家族葬儀が一番

葬儀社によって、その進行方法は様々ですが、無宗派で行う場合には、司会等を依頼することになります。
お別れのための時間ですので、故人の好きな曲や趣味などについて語り合ったり、ご遺体にさよならを告げる時間をたくさんとることができます。

弔問客が限定されるため煩わしさがありません

通常の葬儀では、弔問客がいるため、その対応や仕出しや料理の準備などで時間を割かれますが、家族葬では、弔問客への対応がない分、忙しさはありませんので、どうしても悲しさや寂しさがより募ってしまうかもしれません。
一方で葬儀できちんと悲しむことができることが、メリットでもあります。
また、参加者が故人に近い人ばかりなので、故人の思い出をゆっくり話し、懐かしむのに、家族葬は非常に適しています。

具体的な進行は葬儀社に任せて大丈夫です

葬儀社では、家族葬用の祭壇などを提案してくれますし、必要な故人を偲ぶための物などは指示をしてくれますので、どうやるのかわからないという場合でも、相談して見るのが良いです。
葬儀後に友人や知人に、家族葬で行ったゆえを連絡するのを忘れないようにしましょう。近しい友人などは、葬儀に参列したいかもしれませんので、香典なしでという形で参列してもらうのも良いです。

Copyright© 2017 ロトロ家族葬儀サービス All Rights Reserved.