これからの時代は家族葬が主流になる

遺族側の気持ちを汲んだお葬式

葬式というと普通は大きな会場を借りて、親戚、友人、知人が故人に別れを告げる儀式でしょう。
しかし、人間関係によっては行きたくなくても葬儀に行く人も多いのではないでしょうか。
もしそんな気持ちで葬儀に来られたとしても、家族や故人はどう思うでしょう。
本当に故人の事を考えているのは、家族ではないでしょうか。
最近はそんな気持ちを察してか、家族葬という形を取る場合も多いようです。

家族葬は密葬と本葬という形式を一般化した葬儀のカタチ

有名人や芸能人も家族葬を行い、後日お別れの会というのを行う事が増えています。
いままでの葬式では周りの目もあって、本当の気持ちを出せずに後悔することも多いようです。
しかし、家族葬にすれば本当の気持ちを素直に出す事が出来ます。確かにいいことばかりではないと思います、故人すべてが聖人君子という訳ではないので揉める可能性も否定できません。
しかし、こういう場合でないと故人に対する本当の気持ちを出す事が出来ない、という方が増えていることも事実です。
心の中に本当の気持ちを押し殺すことはつらいものです。

遺された遺族が相談して決めることが大切です

先ほど書いたように、他人(家族以外)がいると表面を取り繕って、よほどの悪人でなければ悪いことは言わないでしょう。
家族葬であればいい事も悪い事も話が出て、故人本来の姿が見えてきます。
それに下世話な話ですが、料金も抑える事が出来ます。
とても世話になりどうしても豪華な葬式をなさりたい方は別ですが、亡くなった方も重要ですが、いま生きている方の生活も重要です。
このように気持ちの問題、料金の問題、又は故人の意思等で家族葬を選ぶ方が増えています。
どのような葬儀を選ぶかは、最終的には残された家族に任されます。
家族の意思であれ、本人の意思であれ、よく話し合って決めるのが一番いい方法でしょう。

Copyright© 2017 ロトロ家族葬儀サービス All Rights Reserved.